貸金サロンの自動車融資は総量操作の意味?それとも撃退意味?

車を購入する時、銀行や業者の貸出を皆が検討します。その他にも、審査が経路出来ないない場合にはキャッシング申し込みで購入するということもあります。
ですが、貸金業法に定められる総量制御においては、排他案内として『車購入時の車保障貸付け』という案内があります。
このことから、貸金オフィスにおいても賃金の1/3を超えた車が購入出来ると考えてしまいます。ですが、こういう案内については、貸金オフィスには適用されない結果、総量制御が適用されてしまう。
特に注意が必要なのは、中小サラ金などの貸出であり、車が保障になるだけでなく、利回りはキャッシングと一緒ということです。残念ながら、貸金オフィスにおいて車を購入するという方策は魅力が無いと言えます。