キャッシングの限度額について

私も昔、銀行系・信販系のカード借金を作ったことがありますがカード借金を作成する際に限度額が備わるようになりました。今までは個人のたよりがそこそこあれば各店先がカード借金を作成できていたのですが、2010時世6月に貸金業法が施施行され、総量統制という枠組みが差し込みされるようになりました。これにより給与の3分の1以上の賃借を禁止するとしたルールで給与500万円のサイドですと167万円下記しか賃借ができないということになります。じゃあうちの借金が居残る方は?モデルの借金が起こる方は?という質問が出てきますが必ずうちの借金やモデルの借金があるとキャッシングできないのかというとそうではありません。
実は総量統制には対象外や除外があります。
その例として
・不動産会得又は不動産修繕の為の貸付(その為のつなぎ流用を含む)
・車購入時の車確約貸付
・高め医療費の貸付
・有価証券確約の貸付
・不動産確約貸付
・譲渡予定不動産の譲渡費用により返済できる貸付
・手形(貸与手形を省く)のOFF
・ファイナンス産物販売法人が行なう500万円超の貸付
というものがあります。
いうなれば、総量統制に掛かる貸付というものは、本人のたよりの元賃借ができる収入のことを言い、確約が存在するものは除外となります。