業界の常識を覆した消費者金融「ノーローン」

無利息サービスは初めて契約した時の1回こっきりという常識を打ち破ったのが、ノーローンという消費者金融です。あまり聞き馴染みのない会社かもしれませんが、新生銀行グループの消費者金融です。ちなみにレイクも新生銀行グループですから、レイクの自動契約機でも契約できます。

ノーローンの無利息サービスは、借り入れた翌日から7日間全額無利息となります。8日目から利息がかかりますが、全額返済すれば翌月から再び1週間無利息となります。つまり給料日前の7日以内に借りて給料日に全額返済を繰り返せば、毎月無利息でお金が借りられることになります。ですから給料日前に2,3万円借りたいという方に最適な消費者金融です。

キャッシングの金利が高い理由について

消費者金融の管理というのはやっぱり高いと感じる方も多いようですが、それには理由があります。

実は、消費者金融でお金が返済される比率が問題になっています。

通常、金を借りれば返済されるわけではありますが、中には返済をしない人がいます。

また、最近は下火になってきたとはいえ、過払い金の請求があったりします。

そういった損失を補てんするために、金利は高めに設定しておかないと経営が成り立たないのです。

ちなみにおおよそ2割くらいの人が債務整理など、正常に返済ができないようになっているのです。

自己破産などをしたときには、返済が全部チャラになると丸損ですから、どこかで補填をする必要があります。

ですので、金利は高いのではありますがこういったところがあるのであります。

銀行カードローンの特徴は低金利で借りられること

銀行カードローンの特徴は低金利でお金を借りることができるというところにあります。

通常無担保で借りられる融資は年17.0~年18.0%ぐらいになっていることが多いです。

たとえば、消費者金融のキャッシングや、クレジットカードのキャッシング機能での借入れ、そしてクレジットカードのショッピング枠のリボ払いの手数料などは年18.0%のものが多いです。

銀行カードローンならば、それよりも低く、年12.0%~年15.0%ぐらいでお金を借りることができます。

金利が低いとそれだけ毎月払う利息が安くなります。

利息が安いと、借りたお金の元金が減るのが早くなりますので、返済しやすいということになります。

低金利で借入れしたいなら銀行カードローンがおすすめです。

ソニー銀行カードローンの利用者が増えている2つの理由

大手電機メーカーのソニーが出資して出来たネット銀行のカードローンがソニー銀行カードローンで最近になって利用者が増えてきています。そこでなぜソニー銀行カードローンの利用者が増えてきているのか理由を挙げていく事にしましょう。

・大手銀行のカードローンより金利が低い

大手銀行のカードローンの上限金利は14.5%ぐらいで設定されている事が多いですが、ソニー銀行カードローンは上限金利が13.8%で設定されています。大手銀行のカードローンより金利が低く設定されているので返済の負担を軽減する事が出来ると考えて利用者が増えています。

・家にいながらすべての手続きが出来る

ソニー銀行カードローンは申込方法がネット、借入方法は振込キャッシング、返済方法は口座引落なので家にいながら手続きが出来てしまいます。利便性が高い点も利用者が増えている理由と言えます。

学生がキャッシングを利用するためには

学生は親の同意なしにキャッシングでお金を借りることが出来ないと言う意見もあります。
確かに、未成年者は、民法の規定により法定代理人の承諾が必要になる可能性が高いです。
しかし、成人している学生にあっては、親の同意は必要ない場合が多いです。

キャッシングの条件として、安定した収入があることと言う条件があります。
安定した収入とは何を言うかについてはキャッシング会社によって意見が様々です。
アルバイト収入が安定した収入であることは、どの会社も同意見です。
しかし、親からの仕送りは、安定した収入と考えられない場合が多いです。
従って、アルバイトをしている成年の学生ならキャッシングできる可能性は大きいですが、仕送りだけに頼っている学生はキャッシングの審査に落ちる可能性が高いです。